G1

競馬の醍醐味

このページをご覧になられている方でしたら、当然競馬が好きなのだと思います。

競馬好きといっても馬自体が好きな方、騎手が好きな方、ギャンブルが好きな方、様々だと思います。

どうせ競馬を見るなら、少額でも掛けていた方が楽しいですし、応援にも熱が入るというものです。

当然当たれば嬉しいのですが、本当の楽しみは別のところにあります。出走馬のメンバーを見て、血統や脚質からレースの展開を予想し、その上で勝ち馬を予想をすることです。その予想した展開通りになればさらに嬉しくなります。

また、しっかりと展開予想をしておけば馬券が外れてもなぜ外れたのか検証をすることが出来ます。したがって異論はあると思いますが、私は競馬の醍醐味はこういったレースの展開予想にあると考えております。

血統のロマン

私は馬自体が好きで競馬に興味を持ち始めたのですが、ブラッド・スポーツ(血統のスポーツと)しての競馬を知るにつれ、その奥深さに驚嘆しております。

そもそもサラブレッド[THOROUGHBRED]の語源自体が、「徹底的に(THOROUGH)品種改良されたもの(BRED)」という意味で、そこには300年以上昔からスピード豊かな馬・スタミナ無尽蔵な馬の遺伝子を残すべく良い馬同士を交配し続けた歴史に裏打ちされているのです。

現存のサラブレッドのサイアーライン(父方の系図、人間でいう家系図みたいなもの)を遡っていくと、必ず3頭の種牡馬に辿り着きます。近代競馬の血統の歴史は、たった3頭の馬から始まったと言っても過言ではありません。ダーレーアラビアン、バイアリーターク、ゴドルフィンアラビアンの3頭で、三大始祖とも言われています。

その3頭から始まる血統のロマンが、競馬ファンを掴んで離さないのです。

また、血統にはもう一つ重要な要素があります。

血統の傾向で、各競馬場の向き不向きが比較的明確に出てしまうという点です。

典型的な例で挙げるなら、芝適性。札幌・函館は重たくて丈夫な洋芝100%、小倉は軽くて弱い野芝100%、その他は野芝と洋芝を混合させるオーバーシード。重たい芝ならヨーロッパの重厚な血統が好走しやすいですし、軽い芝なら軽快なスピード血統の馬が好走しやすいなどです。

また、コース形状によっても得意不得意が出てきます。小回りをこなせる器用な血統、直線で一瞬の切れ味で勝負する血統など、個性は様々です。

しかし、こういった血統の傾向さえ把握しておけば、人気薄の馬も積極的にピックアップ出来るのです。

当然血統だけで全てが決まる訳ではなく、脚質も重要です。距離やコースによって有利な脚質というのがあります。例えば芝・ダートともに1000~1200なら圧倒的に先行逃げ切りが有利など。

馬の本当の実力なんて、素人の私たちには分かりません。しかしレースをテストだと仮定した場合、この馬はこういった条件だから何点くらい取れそうだなとか、この馬はこの部分は苦手だけど最後はきっかり平均点にまとめてくるぞとか、考えただけでも楽しくなりそうですよね?

このサイトでは各競馬場のコース攻略に必要な展開や有利な脚質、血統など様々な情報を載せてあります。

これらの情報を参考にして頂き、予想を楽しんでください。